中性脂肪と悪玉コレステロールを減らす食事とは?

ダイエットティー
体内の中性脂肪を減少させるには、食生活の改善が欠かせません。脂質以外にもアルコールやご飯などの主食のとりすぎも中性脂肪の増加の原因になります。

タンパク質も肉類でなく魚を食べると効果的です。魚には、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

中性脂肪を増やさず減らす食事、中性脂肪によって増加する悪玉コレステロールと減らし善玉コレステロールを増やす食事について紹介します。

##脂質が多い肉類の摂取は少なくする
脂質が多いこってりとした食事には、脂肪酸が含まれています。脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があります。

飽和脂肪酸は乳製品や肉類に多く含まれており、不飽和脂肪酸は魚や植物油などに含まれています。

脂肪酸自体は、体になくてはならない不可欠な栄養素です。

しかし、脂肪酸を過剰に摂取すると血液の粘度が高まったり、悪玉コレステロールを増やしたりしてしまいます。

脂肪酸の中でも特に飽和脂肪酸にこの傾向が顕著に現れます。

脂肪の摂り過ぎや、ドロドロの血液になりたくなければ、こってりした脂質の多い食事はセーブしていきましょう。

コレステロールを多く含む食品を控える

体の中にある8割のコレステロールが、肝臓や小腸で飽和脂肪酸を元に産生されています。 体内のコレステロールのうち残り2割が食品から摂取したぶんになります。

飽和脂肪酸を摂りすぎないことが重要ですが、残り2割の食品に含まれるコレステロールを制限することも大切です。

コレステロールを多く含む食材として鶏卵が有名です。卵は栄養価が豊富なので、食べないのも考えものです。食べすぎないように一日一個に抑えましょう。

脂質以外にも糖質も中性脂肪の原因に

脂質以外にも、糖質からも中性脂肪は作られます。

お菓子や果物、ジュースのよって、肝臓の中性脂肪を合成する働きが強くなります。

特にケーキやアイスは、糖質以外に飽和脂肪酸を多く含む乳製品が原材料になっているので、食べ過ぎは禁物です。

アルコールは善玉コレステロールを増加させる働きがあります。ですが飲みすぎると糖質のと摂りすぎになります。

一般的には、ビールはロング缶(500ml)くらいが適量です。

いわしやサンマは善玉コレステロールを増やす食べ物

青魚には、善玉コレステロールを増加させる効果があります。そして、悪玉コレステロールの減らしてくれます。

青魚で代表的なのはさんま、いわし、ブリでしょうか。

青魚に含まれるEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。EPAには、中性脂肪を下げる効能が認められています。

青魚は、生で食べるのがEPAを最も効率よく摂取できます。他の調理方法でも80%くらいはEPAを摂取可能です。

一日一回は食べたいところです。ですが、最近ではEPAやDHAを豊富に含んだ健康食品
も発売されています。手軽に摂取できるので試してみるのもいいですね。

野菜で抗酸化力を高める

血液に含まれる悪玉コレステロールは、体内の活性酸素で酸化します。酸化したコレステロールは血管を損傷させ動脈硬化の原因になります。

活性酸素を減らす事によって予防・改善ができます。ですが、年齢を重ねるにつれて体内での抗酸化のちからは弱まります。

体内で弱まった抗酸化力は野菜や果物を摂取することで、補えます、野菜に含まれるビタミン類やβカロチン、ポリフェノールが抗酸化成分を豊富に含んでいます。

これらの成分は、苦味のある野菜や皮や種に多く含まれています。皮や種ごと食べれる野菜や果物は積極的に食べましょう。

コレステロール値を抑える食物繊維や大豆

悪玉コレステロールを下げる働きが、野菜や果物、こんにゃくや海藻にはあります。これらの食材に含まれる水溶性食物繊維の効果によるものです。

水溶性食物繊維には、 コレステロールの吸収抑制と血中コレステロールが増加量を抑える働きがあります。

豆腐や納豆など大豆を使った食品にも、正常なコレステロール値を維持する働きがあります。大豆に含まれるレシチンという成分の作用によるものです。

中性脂肪脂肪とコレステロールを減らす食事

中性脂肪や悪玉コレステロールの増加を防ぐには、効果的な食材の摂取と悪影響を与える食品の制限が必要です。

中性脂肪やコレステロール値は健康食品でも改善できます。食生活の改善は我慢がともないストレスの原因にもなります。

上手にサプリやダイエットティーを取り入れて、中性脂肪やコレステロールを下げるのがおすすめです。

当サイトおすすめのダイエットティー「メタボメ茶」

以上、「中性脂肪と悪玉コレステロールを減らす食事とは?」でした。