メタボの基準と内臓脂肪型肥満を腹囲で測定する方法

メタボ-腹囲

メタボの基本条件である、内臓脂肪型肥満かどうかの基準となる内臓脂肪量は病院でCTR検査と受ける

メタボは、内蔵脂肪型肥満になっていることが前提です。正確に内蔵脂肪の量を図るには病院でCTR検査を受け体の断面図を撮影するしかありません。

ですが、なかなか実現は難しいのが現状です。

簡易的ではありますが、内蔵脂肪が多いかどうか腹囲で調べる方法を紹介します。

ウェスト(腹囲)で調べる内蔵脂肪の肥満

ウェストの直径で肥満かどうか判別する方法です。へその高さに合わせてお腹周りの長さを計測してください。

あなたの腹囲が、男性なら85cm以上、女性なら90cm以上なら内蔵脂肪型肥満です。男女関係なく内蔵脂肪の面積が100㎠以上だと肥満です。

100㎠という面積を測る上で、腹囲を計測しました。、男性85cm、女性なら90cmが100㎠にあたります。

性別、年齢、体重、身長にかかわらず基準の腹囲は変わりません。

肥満以外のメタボの基準について

メタボであるかどうかは、内臓脂肪型肥満が前提条件です。
さらに、

血糖値・・・空腹時の血糖値が110mg/dl以上

血圧・・・収縮期血圧130mmHg以上 or 拡張期血圧85mmHg以上

中性脂肪・・・中性脂肪150mg/dl以上 or HDLコレステロール40mg/dl未満

の3つの項目のうち、2つ以上が基準値を超えていればメタボです。

血圧以外は自宅では調べにくいですね。健康診断を受診するか病院に行けば測定してもらえます。メタボや生活習慣病は、初期だと自覚症状が乏しいのが特徴です。

気になるなら測定に行きましょう。

メタボの改善方法について

基準値を超えた項目でも正常値に戻すことはできます。生活習慣の改善によって適正な数値に戻していきましょう。

食生活と見直し、適度な運動を心がけましょう。最初は大変ですが、継続できるように簡単なことから取り組むのが成功の近道です。

当サイトでは、減量を成功させるためにダイエットティーの導入をおすすめしています。お茶には、脂肪や糖質を体内への吸収を抑えたりと健康効果が高いのが特徴です。

メタボメ茶は、ダイエットプーアール茶など複数の茶葉をブレンドしています。味もしっかりしているので満足感があります。

食前に飲めば満腹感が高まり、自然に食事量を減らすことができます。

以上、「メタボの基準と内臓脂肪型肥満を腹囲で測定する方法」でした。